商品へのこだわり

商品へのこだわり

お手軽に美味しい野菜が食べられる!「生食用カット野菜」をご提供

消費者の皆さまにとって、お手軽に新鮮で安全な野菜をお届けするために、生食用カット野菜の製造に取り組んでいます。
日本におけるカット野菜のマーケットは、少子高齢化、単身世帯の増加を背景として急拡大しており、現在、約3,500億円の規模とも言われています。
消費者の皆さまのカット野菜に対するニーズも多様化しており、美味しさは元より安全性や商品の独自性においても、日々研鑽していく必要があります。
私たち舞台ファームは、収穫〜カット加工〜出荷の各プロセスは全て低温にて管理(コールドチェーン)しており、野菜の鮮度保持を徹底して行っているほか、工場の品質管理技術をさらに高める様々な取組みを行なっています。
このようにして生産されたカット野菜は、大手コンビニエンスストア、大手スーパーを通じて、みなさまの食卓にお届けしています。

品質管理について

日本最大級の精米工場 〜舞台アグリイノベーション〜

アイリスオーヤマ株式会社と舞台ファームの共同事業として、2013年4月に舞台アグリイノベーション株式会社を設立しました(株式会社舞台ファームが49%を出資)。
宮城県亘理町に、年間最大10万トンの精米能力、および4万2000トンの低温備蓄倉庫を有する、日本最大級の大型精米工場が建設されました。
同社独自の製法=玄米の貯蔵から精米、包装まで15度環境下にて行う「トータルコールド製法」にて、農家が丹精込めて作ったお米の美味しさを最大限引き出して行くことができます。
品質管理もこだわり、放射線や重金属、残留農薬の測定のほか、DNAによる品種確認まで全ロットしっかりと行うことにより、消費者の皆さまに美味しさとともに安心・安全をお届けしています。

舞台アグリイノベーション株式会社HP

自社物流の構築と広域型農業者連携によるネットワーク

東北地方、首都圏を始め各地のセンター拠点を繋ぐため、自社保有のトラックによる物流を構築しています。
自社商品を、納品する最後まで責任を持ってお届けできるよう物流体制の強化・改善を重ねています。
また、商品を安定的に確保するため、東日本を始め全国の生産者・営農組合・農業法人と、広域型のネットワーク連携を行なっています。
「農業商社」として日本国内の産地ネットワークによる安定提供に寄与しています。
他地域の農業者と栽培方法の共有や、農業用機械の共用などによるコストダウンにチャレンジしているほか、将来的には、共同購入による肥料・農薬経費の削減、ITを活用した効率経営など、スケールメリットを活かした取り組みを展開していくことを検討しています。
また関連会社として原材料の安定供給を図る目的で株式会社旬の風フーズを設立し、食品販売・食品卸として舞台ファームグループのみならず、全国の大手スーパー、食品会社への販売も行っています。

宅配事業「銀のさら」「釜寅」の展開 〜株式会社旬の風〜

舞台ファームグループの株式会社旬の風では、仙台市太白区を中心に宅配事業として「銀のさら」「釜寅」を展開しています。
舞台ファームの農場で作られたお米をお寿司や釜飯などの商品を通じ、消費者の皆さまに直接提供することで、お米を生産する現場に皆さまの声がダイレクトで反映される仕組みを構築しています。
舞台ファームグループは、旬の風をはじめとした様々な取組みを通じ消費者の皆さまのニーズを自社生産に反映させる仕組みを構築しています。

銀のさら太白店HP