茨城県境町と農業者担い手育成・農業振興に関する包括連携協定を締結

茨城県境町と農業者担い手育成・農業振興に関する包括連携協定を締結

3月23日(木)、農業生産法人 株式会社舞台ファーム(本社:仙台市、代表取締役:針生 信夫)は、茨城県境町(茨城県猿島郡、町長:橋本 正裕)と、同町における農業者担い手育成・農業振興に関する包括連携協定を締結いたしました。

当社は、大手コンビニエンスストアや大手スーパー各社へのカット野菜を始めとした野菜商品の販売のほか、生活用品製造卸のアイリスオーヤマ株式会社との共同で精米事業を展開するなど、異業種大手との連携による販路拡大を背景として、各地の生産者と広域で連携する6次産業化の新しい事業モデルを構築してきました。
またさらに、日本農業の課題解決のため「アグリソリューション」事業として、宮城県美里町を始めとして地元の農業者と密に連携しながら農業の担い手を育成する「実践型農業コンサルティング」も展開しています。

この度、新たに茨城県境町と本件包括連携契約を締結することにより、同町の農業者の皆様と当社が深く連携し、担い手育成、栽培技術支援、共同でのコストの削減、生産物の買取などの取組を順次実施していくことを予定しております。
「農業者」「境町」「舞台ファームグループ」の三位一体の体制を確立して、新しい農業の担い手育成、しいては農業振興のための新しいプラットフォームを構築していきます。