浪江町・東京農業大学との連携事業による浪江町での稲刈り実習等実施

浪江町・東京農業大学との連携事業による浪江町での稲刈り実習等実施

 

10月3日(土)、4日(日)の2日に渡り、福島県浪江町にて浪江町、東京農業大学と連携して、稲刈り実習及びドローン実習を実施いたしました。
本件は「大学等の復興知を活用した福島イノベーション・コースト構想促進事業」の一環として、行われたもので、東京農業大学より学生30名が参加いたしました。
稲刈り実習では、10年ぶりに復興した農地で、黄金色になった稲を手刈りで刈り取り、学生の方に収穫の喜びを感じていただきました。またドローン実習では、最新鋭のドローン実機を使った、スマート農業に関する講義を実施致しました。ドローン体験では実際に農業に使用する機体を使って操作体験を行ないました。
また、当日メディアの皆さんにもご取材をいただき、NHKにおいては、地元福島のみならず全国、並びにNHK WORLDでも報道されました。
▼NHK WORLD JAPAN
舞台ファームグループは、福島沿岸地域の復興と農業の担い手育成に、引き続き取り組んでいきます。